2016年10月12日

GSP-FLOATING systemが値上げ

カワセ係長が提案する第2のトレンドフォロー・スイングEAです。
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system | fx-on.com
うちで稼働させているGSP-FLOATING systemが、来月から¥26,800 → ¥37,800に値上げだそうな。
EA開発者のカワセ係長によると(http://kawase-kakarichou.com/2016/10/12/1129/

−−−−−−−−−−−−−−−−
EAは投資・投機に関わる商品ですが、
その性質は株式と何ら変わらないと、個人的に思っております。
現状、EAが利益率+160%を突破し(100万円資金→260万円超えに)、
多数のお客様にご購入・ご評価いただいている現状を鑑み、
販売価格のアップという決定をさせていただきました。
−−−−−−−−−−−−−−−−


なるほど、EAの価格形成システムは株価と同じようなもんなのか。
以前EA選びをしている時に、なんかこれ株の銘柄選びに似ている(http://fxmt4eatrade.sblo.jp/article/176730971.html)と思ったのだが、開発者も似たような事を考えているとは(EAの成績が下がってきたら、販売価格も下がってきたりするのかな?)
好調により値上げとの事なので、私の銘柄選び(EA選び)は成功だったと言えるのかな?

だがちょっと待て!うちのGSPは、当初こそ調子が良かったものの、OANDA東京サーバーに移ってからはフォワードにないポジションを持ったりして損切りの嵐。
公式フォワードでは勝ってるのかもしれないが、うちで稼働させた結果勝ってくれないと、値上げされたからと言って、EAを売れるわけでもないので、その価値は買った時と全く変わらん。
というわけで、8月28日稼働以来の成績を調べてみた所。

OANDAプロコース時代
+177200円 443.00pp

OANDA東京サーバー時代
+16764円 58.50pp

合計
+193964円 501.5pp



あれ?いつの間にか勝ってるやん!
この前のポンドガラで1000pp以上取って取り返していたのか。
あのポンドガラを単なる「まぐれ勝ち」で片付けてはいけない。
実はこのEAはあのガラが来る直前までLポジを持っていたので、ガラじゃなくてバイーンが来ても勝っていたのだ。
とにかくポン円が動けばこのEAは勝てる!だが動かないと成績はヨコヨコだ。
今後も勝ち続けられるのかどうかおとなしく見守ることにする。
posted by autotrader at 20:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: