2016年09月04日

ニコ生FXに出没していたユロ円マスター

ニコ生FXには時として「大物」が出現する。
10万円の資金を僅か数ヶ月で、含み益込みで6億まで増やしたGFF等が有名だろう

だが大物は配信者だけではない…リスナーの中にも時として、とんでもないトレーダーが紛れていたりする。

その人物を初めて認識したのは、2013年2月頃、ニコ生でほぼ24時間365日放送している「のだ☆ひろ」さんのExtateInvestors FX(http://com.nicovideo.jp/community/co1847639)だったと思う。
リスナーの中に、「これからガラ来るよ」「23時までLしない方がいいよ」等と、なんだか値動きに対して確定的な発言を繰り返している人物が居る事に気付いた。
最初の頃は自分のポジショントークだろうと思い、特に気にも留めていなかったのだが、「今日は朝まで下げコースだよ」「もうそろそろオオガラくるから22時30分以降が見もの。。1時まで耐えたら上だよ」等と、毎日のように同じような発言を繰り返すので、本当にその人物の発言通りの値動きをするのか観察するようになった。
だけどランダムウォークに限りなく近いFXの値動きを、そう簡単に的中できるわけもなく「今日はこれから上げるよ」と言っている割には全く上がらず下げ始めたりする事もしばしば…やっぱり単に自分がLしてるから上がって欲しいと言うポジショントークなのか?
しかし単なるポジショントークにしては、発言の仕方が「今日Sするなんてやめた方がいいよ。Sなんかしたら丸焦げにされるよ」等と自信満々に語るのでやっぱり気になる。
その人物の特徴としては…

・取引通貨はEUR/JPY(通称ユロ円)。自称ユロ円マスターなのでユロ円以外はほぼやらない。
・取引ロットは500万通貨で、ナンピンやピラミッディングは一切なし。つまり500枚1ポジだけ。
・手法は4時間足トレード。ストキャスティクスの形を見たテクニカル手法。詳細は不明。
・ほぼ10pp以内の誤差で4時間足の天井と底を当てる。外れたら途転する。
・1日100ppとるのが目標。ユロ円の値動きは単純なのでわかりやすいらしい。
・20銭台と70銭台の反発を強く重視する。例えば126.2でLして126.7にリミットを置く等。

特にユロ円ポジ500枚や、20銭台70銭台での反発を意識して「126.7で利確するぞー」等は分かりやすい特徴だ。
どこのFX放送にいっても同じような発言をしていたので、基本的に発言者の名前が表示されないニコ生FXでもすぐに特定できた。
正直言って、今思えばこのユロ円マスターの自信満々の発言通りにチャートが動いたことは、あまり無かったように思える。
だがユロ円マスターが自信満々に発言し、本当にその通りにチャートが動いた時は強烈なインパクトがあった。
例えばユロ円が124.5まで下がった後、「ここはいつも20ppリバる所だよーいつものユロ円の動きだよー」
その後本当に124.7までリバった後「ここから124.3まで下がるよ。Sのご祝儀相場だよ」という発言通りに124.3まで下がった時は、もう「この人未来予知能力があるんじゃないか?」と思ったほどだった。
そしてユロ円マスターが本物の「大物」だと印象付けたのは、2013年5月10日の相場だ。

2013年4月4日の黒田日銀「バズーカ砲」により、ドル円は急激に円安方向に振れ始めたが、GW明けの2013年5月になっても、なかなか100円という壁は突破できず、99.9円台で跳ね返されるという事がしばしば何度も起こった。
市場関係者は「7月までは100円突破できないんじゃないか?」「大きな指標が無いと100円突破は無理では?」という声が大多数を占めていた。
そんなGW明けの大した重要指標も何も無い5月10日夜に、ユロ円マスターがExtateInvestors FX(http://com.nicovideo.jp/community/co1847639)に現れ、こう発言した。

「ユロ円500枚Lしたよー今夜ドル円100円突破するよー」

その時のドル円レートは、およそ99.3円くらいだったと思う。
今夜中に100円突破する?こんな何も無い日にそんな事がありえるのか?
ユロ円マスターのあまりにも自信満々な「100円行くよ」発言にFX放送は荒れに荒れた。
ユロ円マスターの根拠の無い「100円行くよ」発言に怒って、ドル円全力Sする人まで現れる始末。
そして…

2013年5月10日夜、ありえないような値動きで、本当にドル円は100円を突破してしまった。
当時リアルタイムで見ていたので本当にこれには驚いた。
その時、ExtateInvestors FX(http://com.nicovideo.jp/community/co1847639)の放送主である「のだ☆ひろ」さんは、ユロ円マスターの言うことを信じず、ユロ円Sしていたので、大幅な損失になっていた。
そして「のだ☆ひろ」さんがドル円100円突破した時のためにセットしておいたアラームが、止まらずずっと鳴り続けていたのが印象深かった。

一体何故ユロ円マスターはドル円100円突破を予想できたのか?
ユロ円マスターが言うには、昔は相場で勝てなかったのだが、ずっとユロ円のチャートを見続けた結果、今相場に仕掛けてきている奴のパターンが読めるようになったという。
そして相場に仕掛けを行っている奴は、「人間」ではなく「AIプログラム」。

100円突破の舞台裏
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/ishihara/ishihara_20130516.html
>このWSJに載っていたトレーダーの「売買手法」を読んで筆者は「ピン!」ときた。
>この売買手法は2000年頃から行なわれていた著名ファンド「シタデル」の「人工知能(AI)取引」
>の手口とそっくりだということである。

つまりユロ円マスターはAIの行動パターンを読む事ができるのか?
詳細は語ってくれなかったが4時間足のストキャスに秘密があるらしい。

理想的な下げ4時間ストキャス.jpg
これは2013年6月上旬に、ユロ円マスターが「これは理想的な下げ4時間ストキャスだよ」と発言した時の、ユロ円4時間足チャートである。
あまりにも気になったので、その時にチャートをスクリーンショットで撮っておいた。

4時間結果.jpg
そして結果がこれ。
ユロ円はリバを繰り返しながらも、128.64円から125.585円に3円以上大きく下落している。
一体4時間のストキャスの形から何がわかるというのか?こんなものからAIの行動パターンやアルゴリズムがわかるというのか?
残念ながらその秘密を知る前に、ユロ円マスターは私の前から姿を消してしまった。
だが相場から退場したわけではなく、ユロ円マスターは相変わらずユロ円を取引しており、最近はポジも2000枚に増えたとか。
ニコ生FXをウォッチし続ければ、またユロ円マスターに出会える日が来るのかもしれない。
posted by autotrader at 09:06| Comment(0) | ニコ生FX芸人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: